手持ち花火の先端の紙(花びら)はちぎってから点火するのが正しいやり方?

手持ち花火の先端の紙は穂先と呼ばれ、現在より脆かった着火薬が崩れて漏れるのを防ぐため、穂先をねじって固定していたのだそうです。 なぜちぎって着火するかというと、着火薬はある程度火がつきにくくなっており、穂先に火をつけると...