ガンを抑える免疫体質改善の食事療法

人間の体にはガン細胞が成長しないよう体を守ろうとする力、免疫力が備わっていてガン細胞が成長しないように働いているのでガンになりにくい体質を手に入れるために食事療法は大切。

⑴減塩(1日5g以下)

⑵動物性タンパク質・脂質を控える(1日1個の卵と1回の鶏肉、魚介類)牛、豚、羊は週1回に

⑶野菜と果物を大量に(1日200~500gのジュースと野菜350~500g)

⑷胚芽を含む穀物、豆類、芋類をとる(週1~2回の玄米、豆類、芋類は1日2回)

⑸乳酸菌、海藻類、きのこ類をとる(ヨーグルトは1日300g、海藻類、きのこ類は1日1回)

⑹レモン、はちみつをとる(レモンは1日1個、はちみつは1日大さじ2杯)

⑺油はオリーブ油かごま油をとる

⑻自然水の摂取(又は浄水器を設置)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください