EDM系とは?

そもそもEDMは、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの略称

EDMという括りはアメリカの音楽業界が2000年代に流行りの商業エレクトロニックミュージックをほかの電子音楽と区別するため採用したのが始まりと言われる。

狭義的解釈のEDMはメインストリームの電子音楽を指す。2011年・2012年頃はParty Rock Anthemや江南スタイルのようなエレクトロ・ハウスとダンスポップを融合したようなものが流行り2013年頃はビッグルーム・ハウス、プログレッシブ・ハウス、ブロステップなどがEDMと世間的に呼ばれ2014年からはフューチャー・ハウス、2015年頃からはトロピカル・ハウス、トラップステップ、ハードスタイルなどが世間的にEDMとして認識されるようになっていき逆にブロステップはEDMと別に考えられることが多くなってきた。

広義的なEDMの解釈はシンセサイザーやシーケンサーを用い、主にクラブないしは音楽を中心にすえるエンターテインメントの場において、その場の人々を躍らせるという目的のもと作られたダンスミュージックのこと全般を指す。ジャンルはテクノ、ハードコア、ダブステップ、ユーロビート、ヒップホップなどが存在する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です