スーパーバイザーとは?

求人誌などで「スーパーバイザー募集」と言うのを目にすることがあります。
スーパーバイザーとは、どのような意味があり、どのような仕事をするのか?
意味が幅広いので注意したい。

<スーパーバイザーの意味>

「スーパーバイザー(supervisor)」は、
管理者や監督者という意味です。

日本では、FCなどで何店舗かを自分で管轄し、
主に売り上げや教育など総括的な視点でアドバイスする仕事を意味し、
その仕事をする人のことも指します(もちろん会社により違う)。

また、コールセンターなどで、
アルバイトなどを管理・教育する仕事の場合もあります。
言葉の意味が幅広いので、転職の際はよく仕事内容を確認したい。

管理し指導する立場の人。
おおよそその意味で考えると良いと思います。

<スーパーバイザーの使い方>

・月末にスーパーバイザーが監査にくるようだ。

・スーパーバイザーとして指揮にあたる。

・来期からはスーパーバイザーとして活躍してくれ。

スーパーバイザーとは、監督・管理・監修などの仕事であり、その仕事をする人を指す言葉です。
ですから、スーパーバイザーの使い方としては、
仕事内容を表す場合だけでなく、役職や肩書として使われることが多いです。
略して「SW」とされることも多いです。

以上、スーパーバイザーの意味とはでした。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です