レセプションとは?

「レセプション」という言葉はよく耳にすると思いますが、
意味を理解せず流してしまっている人が多そうです。
意味が二つあるので、完璧に理解しておきたい。

<レセプションの意味>

「レセプション(reception)」を日本語にすると、
公式の宴会・歓迎会・招待会などの意味になります。

また、ホテルのフロントや披露宴などの受付と言う意味もあります。

語源は「受け取る」という意味の言葉で、
その意味から「相手の気持ち等を受け取る」となり、
「歓迎」「歓迎する人=受付」という意味にもなります。

ニュースなどで見るのは、「公式に行われた歓迎会」という意味が多いです。
何にせよ「歓迎」と和訳すればほぼ大丈夫。
合わない場合は「受付」と考えましょう。

<レセプションの使い方>

・ホテルで17日、開会式と歓迎レセプションが開かれた。

・旗艦店のレセプションパーティを開催。

・この行事のあと、レセプションが開催されます。

披露宴のことを「ウェディングレセプション」
「レセプションバンケット」
と言い方もされることがあります。
ただ、あまり一般的ではありません。

意味が通じない可能性が高いので、使う場合には注意が必要です。
使い方を選び、相手に正確に伝えることが何より大事。
仕事で言わないといけない場合でも、和訳も付け加えたい。

以上、レセプションの意味とはでした。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です