アテンドとは?

「アテンドとしての役割を果たします」

いきなり言われても意味を理解できないこのカタカナ語。
いつか言われることを想定し意味を知っておこう。

<アテンドの意味>

これは、

「介添え(かいぞえ)・人の世話や接待すること」

という意味になります。

介添えというのは、人の側に付き添って世話をすることです。
その役割の人は「介添人」とも呼ばれます。

介添人は介護や結婚式で新婦に付き添ってお世話をする役割や、
障がい者に付き添うサポート、旅行のガイドなど、
案内等をする役目の人全般に使われます。

本来の意味は「心を向ける・注意する」という意味の英語です。
「出席する」という意味も英語ではありますが、
日本では「世話をする人」という使い方がほとんどです。

「アテンド」と言うとかっこいい。
ただそれだけのカタカナ語。

<アテンドの使い方>

・外国人選手のアテンドもこなすマネージャー。

・伯母さんにアテンドをお願いした。

・ゆるキャラの側にいるアテンドが返答をする。

以上、アテンドの意味でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です