台湾の最高峰の玉山とは?

玉山(ぎょくさん)[現地読み:ユイシャン]

台湾島の最高峰。島の南北を貫く台湾山脈の中央部、嘉義(かぎ/チヤイー)の東60キロメートルに位置する。日本統治時代は富士山(3776m)より高い(3997メートル)の山ということで新高山(にいたかやま)と呼ばれていた。別称モリソンMorrison山。東アジア地域の最高峰でもある。周囲に3000メートル級の高峰が10座を数え、玉山連峰を形成する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください