自転車で飲酒運転した場合の罰則

飲酒運転の罰則には、アルコールが血液1ml中3mg以上又は呼気1l中に0.15mg以上となる酒気帯び運転違反(道路交通法第117条二の二の三号)と、お酒のせいで正常な運転ができない状態である酒酔い運転違反(道路交通法第117条二の一号)の二種類が規定されています。

自転車の場合、酒気帯び運転違反は罰則の対象にはなりません。その理由は酒気帯び運転の罰則を規定している条文において「軽車両は除く」とされているからです。

つまり自転車の飲酒運転の罰則は酒酔い運転の場合のみとなり、罰則の内容は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。酒気帯び運転の罰則が無いからといって適法というわけではありません。法律に抵触している事に違いはなく、懲役や罰金以外の雇用関係上のペナルティを受ける恐れがある事も肝に銘じておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください