角野栄子さんの魔女の宅急便

世代を超えて日本の読者を楽しませてきた角野栄子さんの「魔女の宅急便」が、児童文学における最高峰の名誉に輝いた。今年3月、角野さんは「小さなノーベル賞」とも言われる国際アンデルセン賞を受賞した。

代表作「魔女の宅急便」は、角野さんの娘が描いた魔女の周りを音符が飛び回っている絵から着想を得たという。角野さんは受賞後の記者会見で、「主人公を当時の娘と同じ12、13歳に設定しました」と語った。

「子供と大人の間の年齢で、揺れ動きを抱えている子がたった一つ持つ魔法で空を飛んでいくのが『魔女の宅急便』です」

角野さんは東京で生まれたが、第2次世界大戦中、10歳の頃に疎開した。戦後は国内の大学に進学したあと、数年をブラジルで過ごした。「トンネルの森 1945」や「ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて」には、こうした彼女の体験が反映されている。

角野さんは、自分の作家としての出発は遅かったと語る。最初の本は彼女が35歳の時に出版された。

「若いころは書く人ではなく読む人で(中略)やっているうちに、もしかしたら自分はものすごく書くことが好きなんだ、ということに気づいたんです」

「もし本にならなくても、一生書き続けようとそのとき思いました」

これまでに発表した作品は200点近く。絵本や児童文学に加え、エッセイなども手がけた。しかし、最も有名なのは間違いなく「魔女の宅急便」だ。

角野さんは東京で生まれたが、第2次世界大戦中、10歳の頃に疎開した。戦後は国内の大学に進学したあと、数年をブラジルで過ごした。「トンネルの森 1945」や「ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて」には、こうした彼女の体験が反映されている。

角野さんは、自分の作家としての出発は遅かったと語る。最初の本は彼女が35歳の時に出版された。

「若いころは書く人ではなく読む人で(中略)やっているうちに、もしかしたら自分はものすごく書くことが好きなんだ、ということに気づいたんです」

「もし本にならなくても、一生書き続けようとそのとき思いました」

これまでに発表した作品は200点近く。絵本や児童文学に加え、エッセイなども手がけた。しかし、最も有名なのは間違いなく「魔女の宅急便」だ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です