『しがらみ』はマイナスイメージだけではない?

「しがらみ」という語は、動詞「しがらむ(柵)」の連用形が名詞化したものである。「しがらむ」は、からみつける、まといつける、からませるといった意味である。これが、名詞となって、水流をせき止めるために川の中に杭(くい)を打ち並べ、その両側から柴(しば)や竹などをからみつけたものをいうようになる。漢字では「柵」と書くが、「柵」は角材や丸太などを間隔を置いて立て、それに横木を渡した囲いが本来の意味である。

なので「しがらみ」にはマイナスのイメージだけではない。むしろ、悪化するものをとどめてくれるものというプラスのイメージもある。
この川をせき止めるものの意味から転じて、物事をせき止めたり、引き止めたりするプラスになる。

マイナスのイメージのあることばとしては、まとわりついて身を束縛したり邪魔をしたりするものという意味にもなる。

要は本人の受け取り方、考え方次第でしょうかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください