手持ち花火の先端の紙(花びら)はちぎってから点火するのが正しいやり方?

手持ち花火の先端の紙は穂先と呼ばれ、現在より脆かった着火薬が崩れて漏れるのを防ぐため、穂先をねじって固定していたのだそうです。

なぜちぎって着火するかというと、着火薬はある程度火がつきにくくなっており、穂先に火をつけると長い時間火薬が加熱され、ごくごくまれに破裂する危険があるのだとか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください