電気製品の周波数とは?

電力会社から一般家庭に供給されている電気は、交流といわれ、電気のプラス(+)、マイナス(-)が1秒間に何十回と入れ代わっています。その入れ替わる回数が周波数(Hz:ヘルツ)と呼ばれるものです。一般的には、これを「電源周波数」と呼んでいます。
家電製品の中には、この周波数を基準にしているものがあります。
周波数の違いを確認せず誤って使用すると、器具の性能を変化させる(モーターの毎分回転数が変わる等)ばかりか、故障の原因になることもあります。
引っ越しをするときは、事前に引っ越し先の電源周波数が「60Hz」か「50Hz」かを確かめておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です