光毒性(ソラレン)を含む食べ物13種。シミや赤み、色素沈着の原因に!す

ソラレンを多く含む食べ物は?

果物

主に柑橘系はNGのようです。朝の羽鳥慎一モーニングショーで紹介してました。

そういえば、レモン、グレープフルーツ、ベルガモットなど柑橘系のアロマ精油も同様にNGらしいです。

☑ レモン

☑ みかん、オレンジ

☑ グレープフルーツ

☑ キウイ

☑ アセロラ

野菜

☑ きゅうり

☑ セロリ

☑ じゃがいもの芽

香味野菜系

☑ パセリ

☑ しそ

☑ 三つ葉

☑ パクチー、コリアンダーなど

いつ食べるのがおすすめ?

シミやお肌の老化対策に有効なビタミンCを多く含む、柑橘系フルーツたち。

これらはぜひ夕方以降に食べるようにすると、ソラレンが邪魔をせず、お肌や美容に良い食べ物として安心して摂取できるそうです。

逆にソラレンが少ない食べ物は?

果物

☑ リンゴ

☑ スイカ

☑ いちご

☑ バナナ

☑ もも

まずはその危険成分「ソラレン」を多く含むフルーツから見ていきます。

• レモン

• オレンジ

• みかん

• グレープフルーツ

• キウイ

• いちじく

ヤバイ!もみじは毎朝キウイ食べてる・・とりあえずオレンジやグレープフルーツといった「柑橘系」はソラレンが多く含まれていて危険なので要注意です。

朝食時や、外出先での昼食時には必ずチェックしたい項目ですね。

ソラレンが少ない果物は?

お次はソラレンが少ない、朝食・昼食向けのフルーツをチェック!

• リンゴ

• スイカ

• バナナ

• イチゴ

• 桃

• ブドウ

柑橘系はダメだけど、これだけいろんな種類のフルーツが大丈夫なら、普通に生活していけそうですね。リンゴとバナナという年中ゲットしやすいフルーツもあるのでよかったです。

朝食時はこれらのフルーツを組み合わせたものを考えたいですね。また外出先での昼食では、デザートの時に選ぶように心掛けましょう。

ソラレンを多く含む危険な野菜

そして野菜へ。どうやら「セリ科の野菜」がソラレンを多く含んでいて危険らしいです。

• セロリ

• パセリ

• アシタバ

• 大葉

• 三つ葉

• ジャガイモ

• キュウリ

朝食にさわやかにセロリを食べたい!ってのがなきにしもあらずですけど、まあ滅多に食べないし大丈夫かな。

そしてジャガイモが要注意!まあそんなに朝は食べないですけど、昼はついつい食べちゃいそうですよね。フライドポテトとか。

あとキュウリもついサラダで食べちゃいそうですよね。とりあえずジャガイモ大好きだから、朝と昼は気を付けねば!

ソラレンが少ない野菜は?

最後はソラレンが少ないお野菜ですが、根菜類がいいみたいです。

• 大根

• ごぼう

• 人参

• かぶ

• かぼちゃ

• ネギ

• レタス

• キャベツ

• トマト

朝からあんまり根菜類は食べないと思いますけど、サラダの定番のレタスやトマトが大丈夫なのは一安心ですね。

まっあんまし気にしなくてもええと思いますがね、もみじは男の子?だからそう気にはなりませんが女性は気になりますよね、でも皮膚癌とか怖いです〜やっぱ気をつけよっと。おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です