うだつの町並みで、うだつの上がった郵便ポスト発見!

IMG_0665

うだつとは?隣家と接する部分の壁を少し持ち上げ、独立した小屋根を乗せたものを「うだつ」と呼ぶようになった本うだつ。さらに、本うだつの下端が、平側の1階屋根と2階屋根の間の部分にまで張り出すようになり、その壁部分が小さい防火壁として独立し、これも「うだつ」と呼ぶようになった袖うだつ。

本来、町屋が隣り合い連続して建てられている場合に隣家からの火事が燃え移るのを防ぐための防火壁として造られたものだが、江戸時代中期頃になると装飾的な意味に重きが置かれるようになる。自己の財力を誇示するための手段として、上方を中心に商家の屋根上には競って立派なうだつが上げられた。

うだつを上げるためにはそれなりの出費が必要だったことから、これが上がっている家は比較的裕福な家に限られていた。これが「生活や地位が向上しない」「状態が今ひとつ良くない」「見栄えがしない」という意味の「うだつが上がらない」の語源のひとつと考えられている。


にほんブログ村

コメントを残す