ASMR

ASMRAutonomous Sensory Meridian Response)は、人が聴覚視覚への刺激によって感じる、心地良い、がゾワゾワするといった反応・感覚

直訳すると自律感覚絶頂反応となる。読み方は「アサムラ」「アサマー」「エー・エス・エム・アール」や「アスマー(エイスマー)」「アズマー(エイズマー)」が広まっている。

いわゆる“音フェチ”ジャンルの新しい呼び名で、聴覚や視覚から得られる心地良さやゾクゾク感、リラックス感を味わうものとされている。
考案者は、自らがASMR現象を体験したことからASMRのグループを立ちあげたアメリカ人女性ジェニファー・アレン

ASMRは2013年頃から日本にも広まり、女子中高生向けのマーケティング支援などを手がける株式会社AMFが発表した2019JCJKトレンド予測』では、『コトバ部門』にランクインしている。

例えば咀嚼音やささやき声の他、耳かき、雨、焚き火、水などの音や映像。音楽は含まれない。
ネットにはASMR動画が多数投稿されているが、何が心地良いかは人によって異なるため、皆それぞれ“自分にASMR現象をもたらす動画”を探し求めているようだ。

声優の声を聞いて“耳が幸せ”状態や“耳キュン”状態になることもASMRと言えるだろう。
ぜひあなただけのASMRを追及して、新しい扉を開いてみよう。

例 https://tokusengai.com/_ct/17348926

美味しいコーヒーのいれ方

コーヒーをいれるという場合のいれるは淹れると書きます。淹は浸す、漬けるという意味です。コーヒーの粉から香りとコクと旨みの成分を取り出すには、熱湯で浸す作業が必要なのです。したがってコーヒーは煮て作るものではなく、漉して淹れるものなのです。ひとり分12gから15gの粉の上からゆっくりと満遍なく『の』の字を書くように細目の熱湯を注いで、お湯が粉全体に充分いきわたったところで15秒間待ちます。これがコツです。その間にコーヒーの粉はお湯を吸って膨らんできます。これでコーヒーは準備完了となり、抽出すべき本格的な次のお湯を待つのです。それから前回とは同様にゆっくりと同じペースでお湯を注ぎます。淹れる時に『美味しくなーれ』を小声でコーヒーにつぶやき声掛けしてやるとコーヒーは応えてくれます。コレはコツのコツです。さあ、美味しいコーヒーを召し上がれ!最後にコーヒーカップは少し温めてあげるとカップも応えてくれます。

「クラスター」とは?

厚生労働省によりますと、「クラスター」とは感染した人たちの集団のことを指します。
タクシーの男性運転手の感染が確認された後、男性の周辺で感染者が相次ぎました。男性が屋形船で開かれた新年会に参加していたことが明らかになり、ほかの参加者や屋形船の従業員などの調査を進めたところ、次々と感染が確認されたということです。
一連のつながりで感染が確認された人たちの集団をクラスターと呼ぶということです。

クラスタは英語のclusterが語源

クラスタは英語のclusterが語源です。英語での意味は果実や花などの房・塊、生き物や同種類のものの一団・塊となります。英語での発音はクラスターと語尾が伸びるので気をつけましょう。

クラスタの意味は集団、群れ

カタカナ語のクラスタは、英語の意味からやや転じて、あるものの集団や群れ、一群となります。たとえば、趣味や思考などが同じ集団、グループのことをクラスタと呼んでいます。最近使われているクラスタとは、言ってみれば仲間やファンという意味合いで使われます。

キラーコンテンツ 【killer contents】

あるサービスやコンピュータの機種を大きく普及させるきっかけとなる、特別に人気の高いサービスや情報のこと。例えば家庭用ビデオの普及にはアダルトビデオの存在が欠かせなかったといわれているが、この場合、アダルトビデオが家庭用ビデオのキラーコンテンツであったと言える。

サブ垢(アカ)とは?

サブアカウントの略でTwitterInstagramなどのSNSメインとなるアカウントとは別の目的をもって作られるアカウントのことです。

サブ垢を作る目的はアカウントの使い分けをしたいということらしい。
メインアカウントのフォロワーやチャンネル登録者には知らせず内緒で使っている場合などは裏垢、繋がる相手を限定するために非公開にした場合は鍵垢など、同じサブ垢でも呼び方が変わる場合があるそうです。

調製豆乳と無調整豆乳の違いは?

大きな違いは豆乳に含まれる大豆の割合

無調整豆乳と調整豆乳の大きな違いは、それぞれに含まれている大豆固形成分の割合です。大豆固形成分とは、使用した豆乳中の水分を飛ばした残りの割合のこと。
無調整豆乳は大豆固形分が8%以上のもの、調整豆乳は、大豆固形分が6%以上のもの』と定義づけられています。つまり、無調整豆乳の方が、含まれている大豆の割合が多く、タンパク質も多く含まれている。

 栄養の違いは?

無調整豆乳の方が大豆固形分が多いということから大豆の栄養をより多く含んでいます。

●たんぱく質
豆乳に含まれるたんぱく質は良質な植物性たんぱく質で、動物性食品に比べるとカロリーが低く、ダイエット中の方にもおすすめ。また、コレステロール値を下げる作用があると言われています。

●イソフラボン
女性ホルモンに似た働きをすることから、肌のシミやしわを防ぐ美肌効果が期待できます。また、骨粗鬆症予防にも効果が期待できます。

●大豆サポニン
体を錆びつかせないようにしたり、体内脂肪燃焼を促進させる効果も期待できます。

●レシチン
コレステロール値を下げて、動脈硬化を防いでくれます。脂質が動脈にたまりにくくなり、スムーズに血液が流れるのを助けてくれます。脳を活性化させる効果が期待できます。

大豆の栄養をより多く取り入れたいという方には無調整豆乳がおすすめ。ただし、調製豆乳のほうがカルシウムやナトリウムなどのミネラル成分が多く含まれています。

味の違いは?

無調整豆乳は独特の大豆の風味が残っているので、少し苦みがあります。
調製豆乳のほうがほんのり甘くて、クセがあまりないのが特徴。